どんな言葉で君を愛せば|@oyasumitte

ハッピー賢者モードと人生イヤイヤ期を行ったり来たり

すぐ笑笑って付ける男 何なんだ。好きです

 

私は「笑笑」という文末の飾り自体は、特に好きでも嫌いでもない。ひとつでもおよそ意味は同じなのだから、重ねるのは単純に過剰だとは思う。ちょっと煩く感じることはある。

でも不思議なことに「笑笑」をつける人に私は惹かれがちだ。というか、好きになった男の人を振り返ると皆「笑笑」をよく付ける人たちだった気がしてくる。そもそも冒頭のツイートをしたのは今好きな人から届いたLINEに「笑笑」が付いていたからだった。

 

「笑笑」とは何だろう。私は「笑笑」をうるさく感じることもあれば、それに救われることもある。その違いは何だろう。そして「笑」ではなく「笑笑」と重ねる理由は?

 

わかりやすくするために一旦「笑」と「笑笑」は同じものとして、その機能を考えてみる。

私は「笑笑」には良くも悪くも言葉の調子を軽くして冗談めかす効果があると思っている。良くも悪くも、と書いたのは文脈によってその意味合いというか目的が変わってくるからだ。ここで言う文脈とは単なる会話の内容でなく、相手と自分の関係性も含めた、もっと広いもの。

 

たとえば私の場合、友達に「飲み行こ笑笑」と言われても特に「笑笑」が気になることはない。でも彼氏がいない時期に知人に紹介されたりアプリで知り合ったりした、異性として関心がある或いは関心を持とうとしている相手からのそれは、ちょっと気になる。下心があるときの「今度ごはん行かない?笑笑」の「笑笑」には逃げを感じてしまう。後者は例えるならジャブであり、男なら綺麗にストレートをキメてくれと思ってしまう、その気持ちがたぶん私達女に「すぐ笑笑って付ける男なんなんだよ」と言わせている。

 

「笑笑」がいつも邪魔な飾りかというと、そうでもない。「笑笑」は良くも悪くも調子を軽くすると先述したのは作用と副作用があるから。

思うに「笑笑」の正の作用は、活字の硬さと冷たさを抑えることだ。これは最近、今まで直接交わしていたような会話も全てメールやTeamsで行うようになって一層強く感じることなのだけれど、文字には本当に温度がない。緊迫感を伝えるには「至急」とか「可及的速やかに」とか表現を選べるし、堅い感じは狙わなくても出る。でもその逆、柔らかさを表すのはテクニックが必要だし、コミュニケーションは重要とはいえ毎回文面の角をとることばかりに気を配ってもいられない。業務上のメールのやりとりで何が辛いかというと、「笑笑」に逃げられないことだ。

 

たとえば締切破りで謝られたがこちらとしてはそれも折込済みの設定だったとき、私は本当に怒ってはいない。いないのだが、怒っているだろうと思って連絡した相手からするとどんな返事でも怖く見えてしまうらしい。私は普段雰囲気で愛想をやっているので、催促など言いにくいことは「あれってもうできてますか?あ、まだなら全然!お待ちしてます!終わったらください!」と対面でやるようにしてきた。在宅勤務に伴ってそれを文字で表現しなければならないのが結構難しい。

 

話を戻そう。思うに「笑笑」には言葉の調子を軽くして温かみを付与する効果があって、コミュニケーションをより円滑にする。仕事のメールでは使えないけれど、こんなに便利なのに私生活でも使用を自粛するのはキツめの縛りプレイ、ドM趣味だと思う。

「大丈夫ですよ。」より「大丈夫ですよ〜!笑」の方が絶対に怒っていないし、「ウケる」より「ウケる笑笑」の方が一緒に楽しんでくれている感じがする。どれも画面の向こうにあるのは真顔かもしれないけれど、そんなことはどうでもいいのだ。重要なのは、自分の言葉が相手にどんな感情を含んだものとして受け取られるかを考えることだと思う。

 

そろそろ、最初に設定した問いに私なりの答えを出したい。

「笑笑」とは何か?言葉の調子を軽くして冗談めかしたり温かみを出したりする効果がある記号だ。ポジション的には句読点以上、絵文字以下っぽい。意味はあるけれど絵文字ほど特定されてはいない。

私は「笑笑」をうるさく感じることもあれば、それに救われることもある。その違いは何だろう。軽薄になってほしくないところで使われる「笑笑」には、逃げを感じて興醒めしてしまう。でも他愛ないやりとりでは、相手が「笑笑」を付けてくれる人だと送る方は気が楽だ。少なくとも相手が不快ではない感じ、話そうとしてくれている感じがするから。ストレート待ちのバッター相手にカーブやスライダーに逃げるような「笑笑」は嫌いで、それ以外は好きらしい。

私が「特に意味もなく文末に『笑笑』を付けてくる人」を好きになるのは、多分それだけ「特に意味もなく文末に『笑笑』を付けてくる人」が多いからだ。ただしちょっと無理やりな気はするけれど、「笑笑」で親しみやすい感じを演出してくれる人、そういう思いやりができる人が好きなのだと言うこともできるかもしれない。

そして「笑」ではなく「笑笑」と重ねる理由は?これは本当によくわからないけれど、1つより2つの方がより効果が強い感じがするのでは。「ww」とか「ワラ」とか「←」でさえなければ、個人的にはどちらでもいいです。

 

これ以上「笑笑」の話をすると、どうでもいい相手からの直球「今度ご飯行きましょう」が、好きな人の「今日は何時に来る?笑笑」を上回ることはないという元も子もない本音を書いてしまいそうなので終わります笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑

おやすみなさい