どんな言葉で君を愛せば|@oyasumitte

ハッピー賢者モードと人生イヤイヤ期を行ったり来たり

金星

付き合い始めたばかりの彼氏に匿名アカウントささやか (@oyasumitte) | Twitterを特定されていると知った日、その人と別れるかアカウントを消すか、真面目に天秤にかけていたことを思い出す。

このアカウントがなければ始まらなかった人間関係は少なくなくて、そういう意味ではどうでもいい場所ではない。加えて、わたしはツイッターにこそ課金していないけれど、そこに紐付けているこのはてなブログにはお金を払って独自ドメインで長文ポエムを書き連ねている。さやかという人格をなかったことにするには、ここも消す必要があった。

ちなみに、一応Amazonアソシエイトになれたので本を紹介するときにはアフィリエイトリンクを使うけれど、その収入は年間2,000円程度。ドメインとはてなブログproの年会費はその10倍以上だったはずなので、普通に大赤字の趣味である。

収益こそないものの、2年半ほどかけてドメインにそれなりの数字を積み上げてきたし、何の幸運かこんな長文ポエムを読者登録して読んでくださる方が231人もいる。ツイッターとはてなブログ、両方からなるさやかという人格を捨てるのは正直言って当時の私には惜しかった。今も惜しい。

 

結果としては、当時の彼氏とその瞬間に別れることはなかったし、ここを消すこともなかった。彼が明らかに快くは思っていなかったこの趣味を手放すことができるほど、私は彼のことが好きではなかった。でもそれを理由に別れようと言えないくらいには寂しくて、寂しさにまかせて一緒にいる間に彼を好きになっていたような気がする。

もう1年半以上前のことなので記憶は曖昧だけれど、私が彼を好きになったあとも何度か、さやかの交友関係で彼と揉めた。それが別れる理由に繋がったのかはわからないけれど、もし、あの日違う選択をしていたらどうなっていたのだろうと、今になって考えている。

特定されていると知ったあの日に、吹き荒れる羞恥心に任せてツイッターもこのブログも全部消して、そのままコロナ禍を迎えて、同じように会社の人か彼としか会わない生活になって。もしそうなっていたら、そのときの私は私よりも彼との関係を大事にできていたかしら。別れてから彼みたいな人を探すようなこともなくて、 好きでない人と付き合うくらいなら一人でも平気だと言いながら結局寂しくて彼に連絡してしまうこともなかったのかしら。

 

結局、私が大事にしてきたものって何だったのだろう。最後に全部いい回り道だったなって笑うために、今私がすべきことは何なんだろう。どうしたら良かったかよりも、これからどうすべきかを考えたいとずっと思ってきたけれど、何だか急に疲れてしまった。私の中の3歳児が、どうしたって叶わない後悔を抱えて泣き出す気配がする。

泣かないで3歳、ごめんね、こんなはずじゃなかったの