どんな言葉で君を愛せば、

22歳新卒、OL人生のスタート

本で語る

働く大人の学びに必要なもの、3選

現代はVUCAの時代である、と言われて久しい。VUCAとは「Volatility(変動性)」「Uncertainty(不確実性)」「Complexity(複雑性)」「Ambiguity(不透明性)」の頭文字をとった語であり、語自体の由来は米軍の対アルカイダ戦にあるという。激しく揺れるこ…

就活、仕事、結婚。人生を優位に進めるタイミングの魔法

こんばんは。さやかです。 以前このブログで、幸運の女神には前髪しかないから前もって準備しておいて、いざ女神と遭遇する瞬間が来たら迷わず掴むのがチャンスを成功に導く方法らしいということを書きました。 関連記事:あのツイートはあなたのことではな…

ありがちな恋愛の その結末はどれも同じで

こんばんは。さやかです。最近はブログが恋愛の話ばかりになってしまっているなあと危機感を感じつつ、結局今日の内容も恋愛です。もっと学がありそうなブログにしたかったんだけどなあ、と思っている時点で既に学がなさそうなのですけれども。 というわけで…

百言は一行に如かず。それでも私は彼の言葉に恋をする

おはようございます。さやかです。飲み会から帰ってきて,酔いが醒めてきた頭で書いていきます。21日のうちにアップする予定だったのに。ツイッターで体調不良をアピールしてしまったためにご心配いただいたみなさま,ごめんなさいありがとうございました。 …

どんな期待で未来を描けば、私たちは最も幸せになれるのだろう。

人という生き物は,概して楽観的である。 それは,未来を楽観視すること以外に,無気力にならずに生きていく方法がないからだ。 私たちは自らに期待をせずに,この不確かな世界を生きていくことはできないのである。 …と,何だか堅苦しい雰囲気で始めてしま…

極端を知り中庸を得よと父は言った。『日本国紀』は名著だと思う。

【2019/01/29 13:30 一部修正しました】 こんばんは。さやかです。 今日は百田尚樹さんの『日本国紀』の読後感を書いていきたいと思います。 よろしくお願いします。 右も左も知らなかった 歴史を学ぶ/歴史に学ぶ 私が『日本国紀』を薦める理由 日本国紀 作…

鳴ってもないのに鳴ってる気がする スマホはもはや俺の臓器

おはようございます。さやかです。 私の住むまちの公立図書館は土日になると家族連れを中心に賑わっていて,落ち着けるか落ち着けないかで言ったら完全に落ち着けない空間なのですが,大学の図書館とは所蔵されている本が結構違って面白いのでよく利用してい…

このまんがに 無関心な女子はいても、無関係な女子はいない。無関係な男子もいない。

こんにちは。さやかです。 今日は記事の内容とタイトルをストレートに繋げてみました。 『さよならミニスカート』というマンガをご存知ですか? https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156632735347 その日、彼女は「女の子」をやめた──。 女子で唯一…

納得できてることなんてひとつもないよ。

こんばんは。E女です。 一般的に記事のタイトルは,より多くの人に読んでもらうため,内容がわかりやすいように,且つその内容が気になってしまうようにつけるべきですよね。 その文脈で見ると,私のここまでの記事タイトルは完全に赤点です。 今日なんて「…

もはや前置きとかそういう次元ではない。

新年明けましておめでとうございます 今年も宜しくお願い致します おはようございます。E女です。 早速ですが,今回お話ししたい内容は以下の3つです。 悪口は 百害あって 一利なし 悪口や愚痴を言わずにすむ方法を考えよう ノートを書こう。日記をつけよう…

予感めいたものなど、何ひとつなかった。

はじめまして,E女です。 画像はイメージです 今年の10月29日にツイッターの裏アカウント(@sayakacha_n)を開設して,恋愛ポエムや卒論の愚痴,たまにちょっと知識をひけらかすようなツイートなどを書き散らしてきました。 初投稿の今回は,書籍『アウトプ…